ECP medicalbook TOP

ECP Medical Book by 宮原眼科医院

ECP medicalbook TOP

視神経の炎症により視機能障害を起こす視神経炎について

視神経の炎症により視機能障害を起こす視神経炎について

病名一覧

TOPページ > 目の病気 > 視神経炎

視神経炎について

視神経炎とは、網膜が受けた視覚情報を脳に伝える神経である視神経の炎症により視機能障害を起こす病気です。

視神経炎

視神経炎とは

視神経と視神経乳頭

視神経炎とは、視神経の炎症により視機能障害を起こす病気です。

※視神経・・・網膜が受けた視覚情報を脳に伝える神経。

視神経乳頭炎

視神経乳頭炎
視神経乳頭炎の眼底

視神経乳頭炎は眼球に近い部分の視神経の障害です。
眼底では、視神経乳頭の発赤・腫脹、網膜静脈の蛇行・拡張がみられます。

球後視神経炎

球後視神経炎は眼球より後方の視神経の障害です。
眼底に異常はみられません。

視神経炎の症状

中心暗点の視野
中心暗点の視野
  • 視力低下(成人では通常片眼、小児では両眼のことが多い)
  • 視野異常(中心に暗点を感じる)
  • 色覚異常(特に赤、緑色がわかりにくい)
  • 眼球運動痛(眼の奥に痛みを感じます。)

症状の進行具合は病状によって違うとされています。

視神経炎の原因

  • ウィルス感染
  • 外傷などの物理刺激
  • 腫瘍などの直接的な圧迫
  • 近隣組織からの炎症の波及
  • 自己免疫

などさまざまな原因が挙げられます。
原因が明らかとされる場合もありますが、明らかとされない場合も多くあります。

視神経炎の治療

原因が明らかな場合は、その治療を行います。

抗生物質の投与
・・・感染が原因の場合
原因の腫瘍の切除
・・・腫瘍による圧迫が原因の場合
ステロイドバルス療法(副腎皮質ステロイドを短期間に大量投与する療法)
・・・視神経の炎症や浮腫を軽減するための場合

時間が経つと炎症がどんどんと進行してしまうので、早期の発見と治療が重要となります。
 

このサイトでご紹介している病気や症状、治療方法については、代表的なものをご紹介していますが、実際の症状や治療方法などについては個人差があります。
症状などについてお心当たりのある場合は、眼科にて診察を受けてください。

運営者(宮原眼科医院)利用規約サイトマップ

copyright©  ECP 宮原眼科医院 all rights reserved