ECP medicalbook TOP

ECP Medical Book by 宮原眼科医院

ECP medicalbook TOP

白目部分が黄色く変色した瞼裂斑が炎症を起こす瞼裂斑炎について

たんぱく質と脂肪の沈着が変化することで白目の部分が黄色く変色する瞼裂斑が炎症を起こす瞼裂斑炎について

病名一覧

TOPページ > 目の病気 > 瞼裂斑炎

瞼裂斑炎について

瞼裂斑とは、白目の部分が隆起し、黄色く変色している状態のことでたんぱく質と脂肪の沈着が変化したものです。

瞼裂斑炎

瞼裂斑炎とは

白目の部分が隆起し、黄色く変色している状態のことを瞼裂斑(けんれつはん)と言い、「眼のシミ」とも言われています。

瞼裂斑の正体はたんぱく質と脂肪の沈着が変化したもので、程度は様々ですが鼻側に起こりやすく耳側にも症状がでる場合があります。
似たような症状で翼状片(よくじょうへん)という病変がありますが、瞼裂斑は翼状片のように角膜の上に結膜がのびていくことやその為起こる視力低下はありません。しかし、瞼裂斑の中には進行すると翼状片になってしまうものもあるので注意が必要です。

瞼裂斑の目

瞼裂斑に炎症が起こることを瞼裂斑炎(けんれつはんえん)と言い、充血や痛み、隆起部分が大きくなるとゴロゴロした違和感や乾燥などの症状がでます。
白目の変色や充血など見た目で悩まれている方も少なくありません。

瞼裂斑炎の原因

瞼裂斑炎の原因
  • 紫外線
  • 潮風
  • 加齢(長年の瞬き等による刺激の蓄積)
  • コンタクト使用(特にハードコンタクト)

瞼裂斑炎の予防

瞼裂斑炎はハードコンタクトを使用している方に症状がおこりやすい為ソフトコンタクトへの変更による症状軽減の可能性があります。

また紫外線対策として帽子やUV加工されている眼鏡・サングラス・コンタクトの使用なども予防に適しています。

瞼裂斑炎の治療

  • 瞼裂斑の状態の時は無害ですので治療は行わず経過をみるというのが一般的です。
  • 瞼裂斑炎の主な治療法としては点眼治療です。
    抗アレルギー剤や非ステロイド系抗炎症剤、ステロイド剤の点眼が処方されます。

このサイトでご紹介している病気や症状、治療方法については、代表的なものをご紹介していますが、実際の症状や治療方法などについては個人差があります。
症状などについてお心当たりのある場合は、眼科にて診察を受けてください。

運営者(宮原眼科医院)利用規約サイトマップ

copyright©  ECP 宮原眼科医院 all rights reserved