ECP medicalbook TOP

ECP Medical Book by 宮原眼科医院

ECP medicalbook TOP

ヘルペス性角膜炎は単純ヘルペスウイルスが角膜に感染すると発症します

ヘルペス性角膜炎とは、単純ヘルペスウイルスが角膜に感染することによって発症するものです

病名一覧

TOPページ > 目の病気 > ヘルペス性角膜炎

ヘルペス性角膜炎について

ヘルペス性角膜炎とは、単純ヘルペスウイルスが角膜(いわゆる黒目)に感染することによって発症するもので、眼の痛み・ゴロゴロ感・充血・涙・眩しさ・まぶたの腫れなどが症状としてでてきます。

ヘルペス性角膜炎

ヘルペス性角膜炎とは

ヘルペス性角膜炎とは、単純ヘルペスウイルスが角膜(いわゆる黒目)に感染することによって発症するものです。

ヘルペスウイルスの多くは乳幼児の頃に初感染を起こし、身体の中の神経組織に潜むようになります。
神経組織に潜んでいたウイルスは、発熱・紫外線・ストレスなどをきっかけに再び活動を開始し、角膜へ移動して角膜炎を起こします。これがヘルペス性角膜炎です。
ほとんどの人は発症しませんが約0・05%の方が発症します。重症例では失明する可能性のある緊急性の高い病気です。

また、一度症状が改善しても、体調不良時などに再発する可能性があるため注意が必要です。再発を繰り返すことで視力障害を引き起こすこともあるので、症状を感じたら早めに眼科を受診するようにして下さい。

神経組織に潜んでいたウイルスが角膜へ移動して角膜炎を起こします。

症状

眼の痛み・ゴロゴロ感・充血・涙・眩しさ・まぶたの腫れなどが症状としてでてきます。また、角膜が白く濁って視力が低下することもあります。ヘルペス性角膜炎の場合は両眼同時に発症することは少なく、片眼のみに発症することが多いです。

治療

ヘルペス性角膜炎は再発する可能性が高い病気ですが、抗ヘルペスウイルス薬のアシクロビル眼軟膏(ゾビラックス眼軟膏)の使用が効果的と言われています。また、抗菌点眼薬との併用で治療を行うこともあります。

このサイトでご紹介している病気や症状、治療方法については、代表的なものをご紹介していますが、実際の症状や治療方法などについては個人差があります。
症状などについてお心当たりのある場合は、眼科にて診察を受けてください。

運営者(宮原眼科医院)利用規約サイトマップ

copyright©  ECP 宮原眼科医院 all rights reserved