ECP medicalbook TOP

ECP Medical Book by 宮原眼科医院

ECP medicalbook TOP

初期の円錐角膜ではハードコンタクトで矯正します

初期の円錐角膜では通常のハードコンタクトレンズでも矯正できます

TOPページ > コンタクトレンズ > 円錐角膜用コンタクトレンズ

円錐角膜用コンタクトレンズ

初期の円錐角膜では通常のハードコンタクトレンズでも矯正できますが、進行すると円錐角膜用の特殊なコンタクトレンズが必要になります。

円錐角膜用コンタクトレンズ

円錐角膜について

円錐角膜
円錐角膜

円錐角膜とは、中央部の角膜が薄くなり、角膜が前方へ円錐状に突出していく病気です。

若年層の発症が多く、日本では20歳前後の進行が目立っており、30歳頃になると進行がおさまる傾向にあるようです。

円錐角膜用コンタクトレンズ

初期の円錐角膜では、通常のハードコンタクトレンズでも矯正できますが、進行すると円錐角膜の特殊なハードコンタクトレンズが必要になります。

初期の円錐角膜が軽度の場合はハードコンタクトレンズである程度矯正することができます。
また、ハードコンタクトレンズの装用によって円錐角膜の進行を遅らせることができます。
ハードコンタクトレンズの装用により角膜に傷がつき、痛みが生じてしまう場合には、ソフトコンタクトレンズの上にハードコンタクトレンズを乗せる方法もあります。

円錐角膜が進行した場合、通常のハードコンタクトレンズでは、傷や充血、刺激があるなどの不都合が生じることがあります。
そこで円錐角膜が進行した場合には円錐角膜用の特殊な形状のレンズが必要となり、眼科専門医の診察・検査の上でのレンズの選定が必要となります。

円錐角膜用のコンタクトレンズの例

円錐角膜用のコンタクトレンズには、メニコンのZ(E-1)やニチコンのローズKといった製品があります。

このサイトでご紹介している病気や症状、治療方法については、代表的なものをご紹介していますが、実際の症状や治療方法などについては個人差があります。
症状などについてお心当たりのある場合は、眼科にて診察を受けてください。

運営者(宮原眼科医院)利用規約サイトマップ

copyright©  ECP 宮原眼科医院 all rights reserved