ECP medicalbook TOP

ECP Medical Book by 宮原眼科医院

ECP medicalbook TOP

目を通してものが見える仕組みについて

目を通してものが見える仕組みについて

TOPページ > 目のしくみ > 見えるしくみ

目から物を見る仕組み

目を通してものが見える仕組みについて

見えるしくみ

ものが見えるしくみ

ものが見える仕組み

眼でものを見るしくみは、カメラに例えるとわかりやすくなります。
様々なものの色や形を光の情報として眼に取り入れていく為に、まず虹彩(カメラの絞りの役割)で瞳孔の大きさを調整し、水晶体(カメラのレンズの役割)で光を屈折させることでピントを合わせ、網膜(カメラのフィルムの役割)で焦点を結び、集まったその光を視神経を通して信号として脳に伝達することで、像として認識されます。

眼のつくり見えるしくみ近視・遠視・乱視・老視について

このサイトでご紹介している病気や症状、治療方法については、代表的なものをご紹介していますが、実際の症状や治療方法などについては個人差があります。
症状などについてお心当たりのある場合は、眼科にて診察を受けてください。

運営者(宮原眼科医院)利用規約サイトマップ

copyright©  ECP 宮原眼科医院 all rights reserved