ECP medicalbook TOP

ECP Medical Book by 宮原眼科医院

ECP medicalbook TOP

最新の視力矯正手術であるReLEx Smile(リレックススマイル)

最新の角膜屈折矯正手術(視力矯正手術)であるReLEx Smile(リレックススマイル)について

TOPページ > 目の手術 > ReLEx Smile(リレックススマイル)

ReLEx® Smile(リレックススマイル)について

ReLEx Smile(リレックススマイル)とは、現在角膜屈折矯正手術の主流となっているLASIK(レーシック)とは異なる新しい手術技法で、第3世代の視力矯正手術とされています。

ReLEx Smile

ReLEx Smile(リレックススマイル)とは

ReLEx(リレックス)とはRefractive Lenticle Extractionの略で、角膜屈折矯正手術を意味します。
現在角膜屈折矯正手術の主流となっているLASIK(レーシック)とは異なる新しい手術技法です。

1,000兆分の1秒の最短バルスである次世代フェムトセカンドレーザーを用いて角膜内部の屈折率を調整し視力を矯正します。

ReLEx Smile(リレックススマイル)の流れ

リレックススマイル手術の様子
Step 1
フェムトセカンドレーザーで角膜実質内にレンチクルという薄い切片を作ります。
Step 2
4mm以下の小さな切開部(図1)からそのレンチクルを取り除きます。
Step 3
角膜の形状が変わり、手術は終了です。
手術時間は10分程度と短く患者様の負担も少ないとされています。
レーシックとリレックススマイルの切開部の違い

図1 レーシックとリレックススマイルの切開部の違い

リレックススマイルのメリット

  1. 矯正精度が高い
    →フェムトセカンドレーザーにより精度の高い切除ができるため
  2. 角膜が衝撃に強く、格闘技などの激しいスポーツも可能
    →角膜の表面にフラップと呼ばれる蓋を作らず、傷口が小さいため
  3. 術中・術後の痛みが比較的少なく、術後ドライアイになりにくい
    →傷口が小さく、角膜の知覚神経をほとんど切断しないため
  4. 視力の安定性が高い(近視の戻りが少ない)
    →角膜の剛性を損なわないため
  5. 手術後のハロー現象(※1)・グレア現象(※2)が他の角膜屈折矯正手術と比べて少ない
    →眼を固定してからレーザー照射を行うことで、均一で正確な照射ができるため

※1 ハロー現象とは、夜間に光がにじんで見えたり、物の周りがぼやけてみえる現象、
※2 グレア現象とは強い高光をキラキラと眩しく感じる現象です。

白内障手術硝子体手術レーシック(角膜屈折矯正手術)リレックススマイル

このサイトでご紹介している病気や症状、治療方法については、代表的なものをご紹介していますが、実際の症状や治療方法などについては個人差があります。
症状などについてお心当たりのある場合は、眼科にて診察を受けてください。

運営者(宮原眼科医院)利用規約サイトマップ

copyright©  ECP 宮原眼科医院 all rights reserved