ECP medicalbook TOP

ECP Medical Book by 宮原眼科医院

ECP medicalbook TOP

白内障手術や硝子体手術、レーシックなど目の手術について

白内障手術と硝子体手術、レーシックといった目の手術についてご説明します

TOPページ > 目の手術

眼科で行う手術について

糖尿病網膜症や網膜剥離の際に行う「網膜硝子体手術」や白内障の際に行う「白内障手術」のほか、角膜屈折矯正手術(近視矯正手術)のレーシックなど、目の手術についてのページ。

眼の手術

白内障手術

目の水平断面図:水晶体

白内障とは目の中のレンズに相当する「水晶体」が白く濁る病気です。
水晶体が濁ることによって、目の奥にあってフィルムのような役目をする網膜に鮮明な像が結べなくなり、視力が低下します。
原因で最も多いのは加齢によるもので、「加齢性白内障」と言われます。

初期段階では点眼での予防治療を行い、進行具合によって手術を行っていきます。

白内障手術は、濁った水晶体の核と皮質を超音波で砕き、吸引して取り除き、そこに眼内レンズを挿入します。

白内障手術について詳しく

網膜硝子体手術

硝子体手術の様子

網膜硝子体手術の様子

硝子体とは眼球の器官の一つで、水晶体の後方にあり、眼球内の大部分を満たしている無色透明なゼリー状の組織です。
硝子体は眼球の形を保ち、光を屈折させます。また、外力からのショックを吸収する役割を果たしており、年齢と共に構造が変化し、徐々に収縮・変性していきます。

網膜硝子体手術とは硝子体組織がなんらかの原因によって網膜を牽引したり、炎症を持続させたり、混濁や出血を含むことによって網膜へ光が達する妨げになる場合に、組織の除去を行います。
また、網膜にできた穴(裂孔)等を治療する目的でも行われます。

網膜硝子体手術について詳しく

レーシック(角膜屈折矯正手術)

レーシック手術の様子

フラップをめくった状態の角膜

レーシック(LASIK)とは角膜屈折矯正手術(視力矯正手術)の一種です。
レーシックはマイクロケラトームと呼ばれる器具、又はレーザーを用いて角膜の表面を薄くスライスし、フラップ(ふた状のもの)を作り、めくります。めくれた部分(角膜実質層)にエキシマレーザーを照射し、一部を削っていきます。削られた部分が薄くなるため、角膜のカーブの緩急が変わります。
この効果により遠視や近視・乱視が矯正されます。

角膜屈折矯正手術(視力矯正手術)にはフラップを作らないPRKや、フラップを再生させることができるラセックと呼ばれる手術もありますが、一般的には視力を矯正するための角膜屈折矯正手術をまとめて「レーシック」と呼んでいることが多いようです。

レーシック(角膜屈折矯正手術)について詳しく

ReLEx Smile(リレックススマイル)

角膜の表面にフラップと呼ばれる蓋を作らず、傷口が小さい

角膜の表面の傷口が小さい

ReLEx(リレックス)とはRefractive Lenticle Extractionの略で、角膜屈折矯正手術を意味します。
現在角膜屈折矯正手術の主流となっているLASIK(レーシック)とは異なる新しい手術技法で、ReLEx®smile(リレックスマイル)は第3世代の視力矯正手術とされています。

1,000兆分の1秒の最短バルスである次世代フェムトセカンドレーザーを用いて角膜内部の屈折率を調整し視力を矯正します。

ReLEx Smile(リレックススマイル)について詳しく

このサイトでご紹介している病気や症状、治療方法については、代表的なものをご紹介していますが、実際の症状や治療方法などについては個人差があります。
症状などについてお心当たりのある場合は、眼科にて診察を受けてください。

運営者(宮原眼科医院)利用規約サイトマップ

copyright©  ECP 宮原眼科医院 all rights reserved