ECP medicalbook TOP

ECP Medical Book by 宮原眼科医院

ECP medicalbook TOP

上斜筋を動かす神経が動かなくなる滑車神経麻痺

上斜筋を動かす滑車神経が麻痺し動かなくなる滑車神経麻痺

病名一覧

TOPページ > 目の病気 > 滑車神経麻痺

滑車神経麻痺

目を下に動かす上斜筋を動かす滑車神経が麻痺し動かなくなる状態を滑車神経麻痺と言います。

滑車神経麻痺

滑車神経麻痺とは

目を下に動かす筋肉のことを上斜筋と言い、その筋肉を動かす神経を滑車神経と言います。この滑車神経が何らかの原因で麻痺して動かなくなる状態を滑車神経麻痺と言います。

滑車神経麻痺の症状

上斜筋が麻痺することにより、眼球を下に動かすこと・眼球を内側に回すことが出来なくなり上下・回旋斜視になり複視を訴えます。

左眼滑車神経麻痺の例

全方向への眼球運動

左眼滑車神経麻痺の例

Bielschowsky頭部傾斜試験

左眼滑車神経麻痺の例

左眼滑車神経麻痺の場合では、上記の図ように真っ直ぐ見た状態で左眼の上斜視が見られ、右を向いたときに左眼の下斜筋過動※がみられます。右下を向いたときに左眼の下転制限がみられます。見やすい位置で見ようとするため顎上げ、顔回し、頭部傾斜の頭位異常を示す場合があります。

Bielschowsky頭部傾斜試験では陽性を示します。左側に頭を傾けると左眼は上転し、右に傾けても左眼は真っ直ぐ向いたままになります。

※下斜筋過動:上斜筋の拮抗筋である下斜筋が過度に動いてしまう状態を言います。

眼滑車神経麻痺の原因

眼滑車神経麻痺の原因で最も多いのは先天性で、主に上斜筋の腱の異常が原因となります。
動眼神経麻痺・外転神経麻痺と同様、頭蓋内病変や外傷、糖尿病による神経異常で症状をきたします。

眼滑車神経麻痺の治療

先天性の滑車神経麻痺に対しては斜視の手術を行います。

後天性の場合は原因疾患の治療を脳外科・神経内科中心に行います。
眼科では症状の変動がなくなれば複視の軽減のためプリズム眼鏡を処方し、発症後3ヵ月~半年経過しても斜視が残る場合は手術を行うこともあります。

このサイトでご紹介している病気や症状、治療方法については、代表的なものをご紹介していますが、実際の症状や治療方法などについては個人差があります。
症状などについてお心当たりのある場合は、眼科にて診察を受けてください。

運営者(宮原眼科医院)利用規約サイトマップ

copyright©  ECP 宮原眼科医院 all rights reserved