ECP medicalbook TOP

ECP Medical Book by 宮原眼科医院

ECP medicalbook TOP

眼球の一番外側の強膜に炎症が起きている状態を強膜炎といいます

眼球の一番外側に当たる強膜に炎症が起きている状態を強膜炎といいます

病名一覧

TOPページ > 目の病気 > 強膜炎

強膜炎について

強膜とは眼球の一番外側に当たる部分で、この膜に炎症が起きている状態を強膜炎といいます。

強膜炎

強膜炎とは

強膜とは眼球の一番外側に当たる部分で一般的に白目と呼ばれている部位になります。
眼球内で一番強い構造になっており、眼球全体を外からの衝撃または圧力から守る役割を果たしています。この膜に炎症が起きている状態を強膜炎といいます。

30代から50代に最も多く症状がみられ、男性より女性に多く発症する病気です。また、全身疾患が原因で発病することがあり、最も多い合併症は慢性関節リウマチと言われています。

そのほか、結核によるアレルギー・梅毒・側頭動脈炎・ウェゲナー肉芽腫症・痛風・潰瘍性大腸炎・クローン病・強皮症・糸球体腎炎・シェ―グレン症候群・ヘルペスといった病気から二次的に引き起こされることもあります。多くの原因は不明です。

強膜

強膜炎の症状

強い眼の痛みがあり、やや紫がかった赤色に充血します。このほか涙量の増加、明るい光に対して過敏になるといった症状も出てきます。また眼の後ろの強膜に影響が出る後部強膜炎になると視力もかなり低下していきます。

似た症状に結膜炎がありますが、結膜炎の場合は大きな痛みはなく、充血も鮮明な赤色をしていることが多いです。強膜炎の場合は眼球の炎症となる為、充血が結膜炎よりも濃い色になるものが多くなります。

重症になると、炎症が出た部分の強膜が薄くなり、眼の中のぶどう膜が透けて見えるようになったり、孔が開いてしまうこともあります。

強膜炎の原因

慢性関節リウマチ・ウェゲナー肉芽腫症・糖尿病などの全身疾患に合併するものと、結核・梅毒・眼部帯状ヘルペスなどの感染症に合併するものがありますがほとんどは原因不明です。

ウェゲナー肉芽腫症

血管炎の1つ。
血管が炎症を起こすことで腫れまたは閉塞し、その影響を受けた細胞等が肉芽腫になる病気のこと。

強膜炎の治療

治療には炎症を抑えるための対症療法を行います。
ステロイド薬・消炎剤・抗生物質といった点眼・結膜下注射などです。重症の場合はステロイドや免疫抑制薬の内服を併用、必要であれば点滴・注射による治療を行うことになります。
病気が原因となっている場合にはまずもとの病気の治療を行っていきます。

このサイトでご紹介している病気や症状、治療方法については、代表的なものをご紹介していますが、実際の症状や治療方法などについては個人差があります。
症状などについてお心当たりのある場合は、眼科にて診察を受けてください。

運営者(宮原眼科医院)利用規約サイトマップ

copyright©  ECP 宮原眼科医院 all rights reserved