ECP medicalbook TOP

ECP Medical Book by 宮原眼科医院

ECP medicalbook TOP

遠近両用のコンタクトレンズについて

老視のしくみや遠近両用コンタクトレンズの特徴など

TOPページ > コンタクトレンズ > 遠近両用コンタクトレンズ

遠近両用コンタクトレンズ

遠近両用コンタクトレンズは近くも遠くも見えるように、1枚のコンタクトレンズに遠用のゾーンと近用のゾーンを持つコンタクトレンズです。

遠近両用コンタクトレンズ

老視について

老視は眼における老化現象で、遠くや近くを見たり、自由にピントを変える力(調節力)が衰えることによって見ようとするものへのピントが合わなくなる状態を言います。
加齢により水晶体の弾性が失われ、調節力が弱まる事が原因となります。

人間の目は、10歳をピークに機能が低下し、年齢とともに調節力要説明が弱くなっていきます。
早い人はで30代から、多くの人は40代から徐々に近くが見づらくなります。

コンタクトレンズの基礎

遠近両用コンタクトレンズとは

普通のコンタクトレンズは遠くを見るための度数が全面に付けられていますが、遠近両用コンタクトレンズは遠くを見るための度数と近くを見るための度数が1枚のコンタクトレンズの中に入っています。

この2つの度数が2つに分かれたタイプ(セグメント型)や、レンズ中央から周辺に向かって遠用度数から近用度数へ移行していくタイプ(コンセントリック型)など遠近両用コンタクトレンズにはいくつかの種類があり、「交代視型」と「同時視型」に大別する事が出来ます。

交代視型は主にハードコンタクト、同時視型は主にソフトコンタクトに用いられます。

遠近両用コンタクトレンズのイメージ

コンタクトレンズの基礎

このサイトでご紹介している病気や症状、治療方法については、代表的なものをご紹介していますが、実際の症状や治療方法などについては個人差があります。
症状などについてお心当たりのある場合は、眼科にて診察を受けてください。

運営者(宮原眼科医院)利用規約サイトマップ

copyright©  ECP 宮原眼科医院 all rights reserved